初心者におすすめのランディングページ制作テンプレートを紹介

ランディングページとは、訪問者が広告や検索を経由して最初に訪れるページのことです。商品購入やお問い合わせなど、何らかのアクションを導くために制作されます。

【初心者向け】ランディングページの作り方は?便利ツールもご紹介

「デザイナーやエンジニアが居ないから、ランディングページを作成できない」。そうお考えの方もいるのではないでしょうか。そこで検討いただきたいのが「テンプレート」です。テンプレートを使用すれば、デザイナーやエンジニアが居なくても、ランディングページを作成できます。

本記事では初心者の方に向けて、テンプレートを使用するメリット・デメリットやテンプレートの選び方について解説します。

目次

    ランディングページ制作におけるテンプレートの種類

    ランディングページ制作におけるテンプレートの種類は、以下の3つです。

    • HTMLテンプレート
    • LP作成ツール
    • WordPressのテーマ・プラグイン

    それぞれの種類について、詳しく解説していきます。

    HTMLテンプレート

    HTMLテンプレートは、HTMLやCSS、画像などのファイルがセットになったテンプレートです。ランディングページ制作に必要なファイルが一式揃っており、カスタマイズ性に優れているのが特徴です。カスタマイズの際に多少の知識は必要となりますが、HTMLやCSSを少し修正すれば、オリジナリティのあるランディングページを制作できます。このように、HTMLやCSSに関する知識を持っている方におすすめのテンプレートです。
    一方、HTMLやCSSに関する知識を持っていない方は扱うのが難しいので、LP作成ツールやWordPressのテーマ・プラグインを利用することをおすすめします。

    LP作成ツール

    LP作成ツールは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても使えるテンプレートです。ドラッグ&ドロップ操作やテキストや画像を入力するだけで、簡単にランディングページを制作できます。多くのLP作成ツールにはアクセス解析機能も付いているので、効果検証もおこなえます。
    専門知識が不要で直感的な操作でランディングページを制作できるので、初心者の方には最もおすすめのテンプレートです。
    ただし、HTMLテンプレートに比べるとデザインの成約が多く、カスタマイズ性は低いです。HTMLやCSSの専門知識があって、カスタマイズをしたいとお考えの方はHTMLテンプレートをおすすめします。

    WordPressのテーマ・プラグイン

    WordPressのテーマやプラグインは、世界でもっとも利用者の多いCMSである「WordPress」で使えるテンプレートです。無料のテーマやプラグインもたくさんあるので、費用も抑えられます。WordPressに慣れている方におすすめのテンプレートです。WordPressは、ほしい機能を追加できるので、ランディングページ最適化(LPO)にも適しています。

    一方、WordPressに慣れていないと導入に時間がかかってしまいます。慣れていない方には、別のテンプレートをおすすめします。

    WordPressのテーマやプラグインについては、こちらの記事をご覧ください。
    WordPressでランディングページを作る方法とは?無料のテーマやプラグインも紹介

    ランディングページ制作にテンプレートを使用するメリット・デメリット

    ランディングページ制作にテンプレートを使用するメリット・デメリットを解説していきます。

    メリット

    ランディングページ制作にテンプレートを使用するメリットは、以下の3つです。

    • コストを抑えられる
    • 専門知識が無くても制作できる
    • 更新が簡単にできる

    それぞれ詳しく解説していきます。

    • コストを抑えられる

    テンプレートを使用すれば自分でランディングページを制作できるため、制作会社に外注する必要がありません。ランディングページの制作を外注すると、一般的には数十万円の費用がかかりますが、テンプレートを使えばコストを最小限に抑えられます。
    ランディングページのテンプレートには無料のものも数多くあるので、サーバーやドメイン代といった必要最小限の費用で制作可能です。

    • 専門知識が無くても作成できる

    通常であれば、HTMLやCSSなどのコーディングやページのデザインが必要ですが、テンプレートを利用すれば文字や画像の修正だけで済みます。専門知識が無い方でも、簡単におしゃれなランディングページを制作できるので、学習する時間やコストがかかりません。社内のデザイナーやエンジニアに依頼せずに制作できるので、短期間でランディングページを公開できます。

    • 更新が簡単にできる

    ランディングページは、公開して終わりではありません。効果測定をして改善を繰り返すことで成果を得られるようになります。テンプレートを使用すれば、専門知識がなくても更新作業を簡単に行えるので、PDCAを回しやすくなります。ランディングページの成果を高めるために、更新が簡単にできることは重要です。改善を繰り返して効果の高いランディングページを実現しましょう。

    デメリット

    ランディングページ制作にテンプレートを使用するデメリットは、以下の2つです。

    • デザインの自由度が低い
    • テンプレートによって機能に差がある

    それぞれ詳しく解説していきます。

    • デザインの自由度が低い

    テンプレートはあらかじめデザインやレイアウトが決まっているため、デザインの自由度が低いです。HTMLやCSSをカスタマイズすれば、ある程度デザインを変えられますが、コーディングの知識がない方には難しいです。他社が同じテンプレートを使用している場合、デザインが被ってしまう可能性もあります。オリジナル性の高いランディングページを作りたい場合は、カスタマイズ性の高いテンプレートを修正して使用しましょう。

    • テンプレートによって機能に差がある

    テンプレートにはさまざまな種類があります。種類によって機能は異なりますし、無料か有料かによっても異なります。どのような目的でランディングページを制作するのかを考え、必要な機能を整理しましょう。必要な機能が備わっているテンプレートを選択することが重要です。有料のテンプレートのほうが使用できる機能が多いですが、無料のテンプレートでも料金を追加で払うことで機能を追加できるものもあります。

    ランディングページテンプレートの選び方

    何を重視するかによってテンプレートの選び方は異なります。以下の4つに分けて、解説します。

    • デザインで選ぶ場合
    • 機能で選ぶ場合
    • コストで選ぶ場合
    • 対応言語で選ぶ場合

    デザインで選ぶ場合

    デザインで選ぶ場合、最もおすすめなのがHTMLテンプレートです。次におすすめなのがWordPressのテーマ・プラグインで、最後がLP制作ツールとなります。
    HTMLテンプレートは、カスタマイズ性が高いためオリジナリティのあるデザインを実現できます。ただしデザインをカスタマイズするには、HTMLやCSSの知識に加えてデザインセンスが必要です。
    WordPressのテーマもカスタマイズ可能ですが、ある程度決められたデザインが指定されています。LP制作ツールはこの中では最もカスタマイズ性が低く、デザインの変更はそれほどできません。

    機能で選ぶ場合

    機能で選ぶ場合、最もおすすめなのがLP制作ツールです。次におすすめなのがWordPressのテーマで、最後がHTMLテンプレートとなります。
    LP制作ツールには、効果計測機能やSEO対策機能、予約・決済機能といったさまざまな機能が付いているものもあるうえ、サーバーやドメインの契約も不要です。簡単にランディングページを公開できます。WordPressのテーマは、特に有料のものは機能も充実しています。無料のテーマでも、不足している機能をプラグインによって補完可能です。ただし、サーバーやドメインは自分自身で契約する必要があります。
    HTMLテンプレートはカスタマイズによって機能を追加できますが、専門知識が必要です。サーバーやドメインの契約も自分自身で行う必要があります。

    コストで選ぶ場合

    コストで選ぶ場合、最もおすすめなのがHTMLテンプレートです。次におすすめなのがWordPressのテーマで、最後がLP制作ツールとなります。
    HTMLテンプレートの多くが無料で配布されています。コーディングスキルさえあれば、費用をかけずにカスタマイズも可能で、かかる費用はサーバーやドメイン代くらいです。WordPressのテーマも無料のものがありますが、高機能なテーマは有料のものが多くコストがかかる場合もあります。LP制作ツールは無料のプランもありますが、広告が表示されたり機能が制限されてしまいます。全機能を使用するには有料プランへの加入が必要な場合が多いですし、プランによって機能や制作できるページ数が異なります。

    対応言語で選ぶ場合

    対応言語で選ぶ場合は、どのテンプレートも日本製のものを選べば問題ありません。海外製のテンプレートは、説明が英語なので設定が難しく感じてしまうかもしれません。
    日本製のテンプレートは、日本国内のランディングページを研究して、効果が高くなるように作られています。テンプレートの中には、サポートサービスが用意されているものもありますが、海外製の場合は英語でのサポートになってしまいます。

    以上の理由から、特別な理由がない限り、テンプレートの種類に関係なく日本製のものがおすすめです。

    おすすめのランディングページテンプレート

    おすすめのテンプレートを種類ごとに紹介します。ご自身のスキルや目的に合ったテンプレートを選んでください。

    HTMLテンプレート

    • テンプレどん
      テンプレどん」は、シンプルなデザインのHTMLテンプレートです。ブロック機能の追加やアニメーションを加えた、プロ版のテンプレートも提供されています。商用利用も可能な無料のテンプレートです。

    • LPクリエイト
      LPクリエイト」は、初心者でも簡単にカスタマイズできるHTMLテンプレートです。ランディングページをスピーディーに制作できます。著作権表示なしで商用利用も可能な無料のテンプレートです。

    • Colorlib
      Colorlib」は、200種類以上のHTMLテンプレートをダウンロードできるサイトです。種類が多いので、イメージに合ったランディングページを作れます。商用利用も可能な無料のテンプレートですが、著作権表示が必要です。ライセンスを購入すれば、著作権表示を消せます。

    LP作成ツール

    • ペライチ
      ペライチ」は、専門知識がなくても簡単にランディングページを制作できるLP作成ツールです。無料のプランも用意されています。有料プランでは、決済機能や予約システムなどのビジネスに必要な機能を利用できます。

    • ジンドゥー
      ジンドゥー」は、直感操作でランディングページを作れるLP制作ツールです。専門知識は必要ありません。無料プランも用意されています。3200万以上のサイトがジンドゥーで作られており、ユーザー事例も豊富です。

    ツールについては以下の記事も参考にしてください。
    【初心者向け】ランディングページの作り方は?便利ツールもご紹介

    WordPress

    • Lightning
      Lightning」は、WordPress.org公式ディレクトリに掲載に掲載されている無料のテーマです。無料のオンライン学習サイトや勉強会もあるので、初心者の方でも安心して使えます。機能を拡張したい場合は、有料のプランも用意されています。

    • Colorful
      Colorful」は、パズル感覚でランディングページを制作できる有料テーマです。セクション単位でデザインテンプレートが用意されており、コーディングの知識がなくても簡単にランディングページを制作できます。

    改善(LPO)し続けられる体制を作ろう

    ランディングページは、一度作っただけでは効果を発揮しません。効果を最大化するには、改善し続ける必要があります。そのためには効果測定と仮説検証が重要です。ランディングページを改善する前と後の数値を比較し、良い結果を残した施策を残していきます。

    こうした改善をし続けるには、手間とコストがかかります。そこで、おすすめなのが「KARTE Blocks」です。

    参考:LPO施策をすぐに始めるなら、ノーコードのKARTE Blocks

    KARTE Blocksを使えば、広告訴求に合わせてランディングページの最適化が可能です。訴求内容やユーザーの動機ごとに、別々のランディングページを制作する必要がありません。ランディングページのファーストビューを出しわけた結果、CVRが160%改善した事例もあります。

    導入や運用をするために面倒な準備や依頼は不要なので、手間とコストが最小限で済みます。試してみたい仮説をすぐに検証できるので、成果が出るまでアイデアをテスト可能です。テスト結果は簡単に比較できるので、結果をもとにPDCAを回せます。
    サポートサイトや専門チームによるチャットサポートも用意しているので、導入や運用で困りごとが生じても安心です。

    まとめ

    本記事で紹介したように、テンプレートを活用すれば専門知識のない方でも簡単にランディングページを制作できます。HTMLやCSSといったプログラミングスキルを身に付ける必要や、外部業者に制作を依頼する必要はありません。紹介したおすすめのテンプレートを活用して、ランディングページを作ってみてください。
    ただし、ランディングページは一度作れば終わりというものではありません。改善を繰り返すことで、効果が高まります。コンバージョンの最大化を実現する「KARTE Blocks」と組み合わせることで、より効果の高いランディングページを制作してください。

    KARTE BlocksKARTE Blocks Blog初心者におすすめのランディングページ制作テンプレートを紹介

    記事をシェア

    関連記事

    タグ1行で誰でも簡単に、どこでも自由に。ノーコードのサイト運営を始めましょう

    タグ1行で誰でも簡単に、どこでも自由に。
    ノーコードのサイト運営を始めましょう

    期間制限のないFreeプランをすぐに利用できます。

    無料版を利用する
    twitter icon

    Twitterフォローよろしくお願いします😊

    @KARTE_Blocks