WordPressでランディングページを作る方法とは?無料のテーマやプラグインも紹介

世界でもっとも利用者の多いCMSが「WordPress」です。基本的な機能は無料で使えて拡張性も高いため、法人サイトにも数多く利用されています。テキスト入力や画像アップロードなどの作業だけでサイト作成が可能です。そのため、知識がない方でも簡単にサイトを作れます。
サイト構築のイメージが強いWordPressですが、ランディングページ(LP)の作成も可能です。

本記事では、WordPressを用いたランディングページ作成について、作成方法からおすすめのテーマやプラグインを紹介していきます。これまでにWordPressでランディングページを作成したことが無い方でもわかるように、解説するので参考にしてください。

目次

    WordPressでランディングページを作る方法

    WordPressでランディングページを作る方法は、主に以下の3つです。

    • コーディングを行う
    • テーマ・テンプレートを使用する
    • プラグインを使用する

    それぞれを組み合わせて作成することもあります。

    コーディングを行う

    HTMLやCSS、PHPなどの知識がある方は、コーディングを行ってランディングページを作成できます。コーディングスキルのある方は、デザインや機能などを自分の思い通りにカスタマイズできます。機能やデザインにこだわりのある方は、コーディングをして作成するのも1つの手段です。また、コーディング作業を行ってくれる制作会社に依頼する手段もあります。ただし、費用と時間がかかりますし、メンテナンスが大変になることをあらかじめ認識しておいてください。
    コーディングを行ってランディングページを作成するのは知識のない初心者には難しいですが、基礎的な知識を身につけておくと、できることの幅が広がります。

    テーマ・テンプレートを使用する

    WordPressには、レイアウトやデザインを簡単にカスタマイズできる「テーマ」という機能があります。テーマを使用すれば、コーディングをしなくても簡単に短時間でランディングページの作成が可能です。デザインのテンプレートも用意されているので、デザインセンスに自信がない方でも、おしゃれなサイトやページを作成できます。
    テーマには標準で備わっているデフォルトテーマと、追加インストールで使えるようになるテーマがあります。追加でインストールできるテーマには、無料と有料のものがあり、機能やデザインもさまざまです。デザイン性の高いものや、ECサイトやランディングページに適したものなどがあるので、目的に合ったテーマを選びましょう。

    プラグインを使用する

    利用しているテーマでランディングページの作成ができない場合、プラグインの使用がおすすめです。プラグインはWordPressの機能を拡張できるツールで、ほしいと思った機能を手軽に追加できます。 ランディングページの作成機能を持つプラグインを利用すれば、ランディングページの作成も簡単です。プラグインの機能によって、問い合わせフォームや買い物かごなどを追加できます。

    プラグインは直接WordPressに機能を追加できるので、テーマを変更しても機能は継続して利用できます。テーマと同様に無料と有料のものがあります。
    このように便利なプラグインですが、テーマと互換性がなくて使用できないものもあるので、事前に互換性を確認してください。

    WordPressでランディングページを作るメリット・デメリット

    WordPressでランディングページを作るメリット・デメリットを紹介します。

    メリット

    WordPressでランディングページを作る主なメリットは以下の3つです。

    • 無料で作成できる
    • 更新に工数がかからない
    • SEO対策が簡単にできる

    それぞれ詳しく解説します。

    • 無料で作成できる
      WordPressのシステムは、誰でも基本無料で利用できます。インストールする際の登録料はかかりませんし、後から利用料を請求されることもありません。テーマやプラグインも無料のものが数多くあるので、費用をかけずにランディングページの作成が可能です。無料なので試しにページを作成したり、機能をテストすることも気軽に行えるため、はじめてランディングページを作ろうと考えている方にもおすすめです。

    サーバーやドメイン料金といった最低限の必要経費はかかりますが、低コストでランディングページを作成できるのが大きなメリットといえます。

    • 更新に工数がかからない
      WordPressを利用すれば、更新に工数がかかりません。CMSが登場する前は、更新するためにはコーディングの知識が必要でした。
      WordPressにはコンテンツ管理機能が備わっているので、管理画面からテキスト入力や画像挿入だけで誰でも更新できます。エンジニアや専門知識のある方にわざわざ依頼する必要がありません。

    また、CMSを利用せずにランディングページを更新する場合、更新ごとにサーバーへファイルを送信する必要があります。WordPressの場合は、システムがサーバーへインストールされています。WordPressの管理画面上で更新すれば、サーバーにも反映されるので更新の手間がかかりません。

    • SEO対策が簡単にできる
      SEOは「検索エンジン最適化」という意味で、検索エンジンに評価されやすいようにする施策です。SEO対策をすることで、検索エンジンからの集客を増やせます。WordPressはインストールした状態のままでも、検索エンジンが個別投稿・固定ページ・カテゴリーなどをクロールして、情報を検索データベースに含めやすいようになっています。そのため、最初からSEO対策ができている状態です。
      また、プラグインを活用することで、SEO対策の効果を高められます。「All in One SEO」「Yoast SEO」といったプラグインをインストールすれば、簡単にSEO対策を進められるのでおすすめです。

    デメリット

    WordPressでランディングページを作る主なデメリットは以下の2つです。

    • WordPress導入に時間がかかる
    • デザインの自由度がない

    それぞれ詳しく解説します。

    • WordPress導入に時間がかかる
      WordPressを新たに導入する場合、慣れていないと時間がかかります。WordPressのインストールや初期設定に加え、サーバーやドメインの準備が必要です。

    サーバーを提供している会社によっては、ワンクリックでWordPressをインストールできる機能を提供しています。こうした機能を活用するのも、導入時間を短縮するための1つの手段です。
    WordPressの導入時にうまくいかずに困ったとしても、個別のサポートは受けられません。ウェブ上で情報収集をして自分自身で解決する必要があります。このように調査や学習が必要なため、慣れていないと導入に時間がかかります。

    • デザインの自由度がない
      WordPressのテーマやプラグインを活用すれば、制作コストや時間を削減できます。しかし、デザインの自由度はそれほどありません。ある程度、決められたデザインが指定されています。カスタマイズも可能ですが、デザインスキルやコーディングスキルが必要です。

    オリジナリティのあるランディングページを作りたい場合は、WordPressを利用せずにゼロからサイトを構築したほうが良いかもしれません。ただし、この場合にはワイヤーフレームやデザインを制作したり、HTMLやCSSなどのコーディング作業が必要となります。専門知識が必要となるので、初心者の方にはハードルが高いです。

    ランディングページ作成におすすめのテーマ

    ランディングページ作成におすすめのテーマを下記に分けて紹介します。

    • 無料テーマ
    • ランディングページ作成に特化した有料テーマ
    • ランディングページ作成機能付きの有料テーマ

    無料テーマ

    無料テーマでおすすめするのは下記の2つです。

    • Lightning
    • Xeory Extension

    それぞれの特徴について詳しく解説します。

    • Lightning
      Lightning」は、WordPress.org公式ディレクトリに掲載されているテーマです。WordPressの管理画面から簡単にインストールできます。インストール数が8万件を超えており(※2022年10月時点)、多くの方に利用されています。無料のオンライン学習サイトや勉強会もあるので、WordPress初心者の方も安心です。機能を拡張したい場合は、有料のプランも用意されています。

    • Xeory Extension
      Xeory Extension」は、SEO対策にも対応しているコンテンツマーケティング用のブログ機能を搭載したテーマです。ユーザーに対して重要なコンテンツを効率的に届けられるよう、シンプルにデザインされています。管理画面からランディングページの作成が可能です。
      企業情報やお問い合わせフォームの設置など、コーポレートサイトのランディングページが手軽に作成できます。

    LP作成に特化した有料テーマ

    ランディングページ作成に特化した有料テーマでおすすめするのは、下記の2つです。

    • Colorful
    • LIQUID LP

    それぞれの特徴について詳しく解説します。

    • Colorful
      Colorful」は、ブロックを組み合わせるパズル感覚でランディングページを作成できるテーマです。成約率を高めるために25種類以上の機能があり、販売本数は15,000本を超えています。セクション単位でデザインテンプレートが用意されており、コーディングの知識がなくても簡単に、短時間でランディングページの作成が可能です。
      価格は9,800円(税込)~です(※2022年10月時点)。プランによって価格は異なります。

    • LIQUID LP
      LIQUID LP」は、ビジュアルエディターで実際のデザインを確認しながら直感的にランディングページを作成できるテーマです。3種類のサンプルページがセットになっており、テキストと画像を編集するだけで、すぐにランディングページを作成できます。
      「LIQUID CONNECT」という無料のプラグインを導入すれば、クリエイティブのABテストも対応可能です。
      価格は10,890円(税込)です(※2022年10月時点)。

    LP作成機能付きの有料テーマ

    ランディングページ作成機能付きの有料テーマでおすすめするのは、下記の2つです。

    • OOPS!
    • THE THOR

    それぞれの特徴について詳しく解説します。

    • OOPS!
      OOPS!」は、インパクトのあるトップページデザイン機能やABテスト機能を搭載しています。成約率の高いランディングページを作成したい方におすすめの有料テーマです。7つのコンテンツが用意された「コンテンツビルダー」を使用すれば、直感的な操作でコンテンツの表示順を変更できます。WordPress初心者でもスピーディーにランディングページの作成が可能です。
      価格は19,800円(税込)です(※2022年10月時点)。

    • THE THOR
      THE THOR」は、上位表示に必要な内部SEO対策機能を網羅しています。SEO対策に力を入れたい方におすすめの有料テーマです。「安心メールサポート(無料)」を使用すれば、テーマのインストールが完了するまで専任の担当者がサポートしてくれます。初めてWordPressやテーマを使う方でも安心です。
      価格は16,280円(税込)~です(※2022年10月時点)。プランによって価格は異なります。

    ランディングページ作成におすすめのプラグイン

    ランディングページ作成におすすめのプラグインは、下記の3つです。

    • LPtools
    • Danganページビルダー
    • Elementor Page Builder

    それぞれの特徴について詳しく解説します。

    • LPtools
      LPtools」は、目的に応じたランディングページを短時間で作成できるプラグインです。
      現役のコピーライターとデザイナーが制作したテンプレートが用意されており、テキストと画像を編集するだけでページを作成できます。36種類の機能をブロックとして追加できるので、手間をかけずに成約率の高いランディングページの作成が可能です。
      価格は32,780円(税込)です(※2022年10月時点)。

    • Danganページビルダー
      「Danganページビルダー」は、12種類のパーツを組み合わせるだけでランディングページを作成できるプラグインです。インストールするだけで、WordPressへ簡単にページビルダーの機能を追加できます。日本語Webフォントに対応しているので、画像を使わずに目立つ見出しを作成できます。ポップアップ表示機能やカウントダウン機能などを搭載しているので、用途に応じたページ作成が可能です。
      価格は12,800円(税込)です(※2022年10月時点)。

    • ElementorWebsite Builder
      Elementor Page Builder」は、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作でランディングページを作成できるプラグインです。WordPressに適用したテーマのデザインに関わらず、自由にページレイアウトを変えられます。
      無料版と有料版(年間49ドル~ ※2022年10月時点)があり、無料版では基本的な機能を使用できます。有料版は、ウィジェットやテンプレート数の増加やメール・チャットでサポートが受けられるなどのメリットがあります。

    改善(LPO)し続けられる体制の準備

    ランディングページは、一度作れば終わりではありません。コンバージョンを最大化するためには、改善して最適化し続ける必要があります。これをLPO(ランディングページ最適化)と呼びます。LPOには効果測定と仮説検証が重要です。ランディングページを改善する前と後の数値を比較し、良い結果を残した施策を残していきます。

    こうした改善をし続けるには、手間とコストがかかります。そこで、おすすめなのが「KARTE Blocks」です。

    LPO施策をすぐに始めるなら、ノーコードのKARTE Blocks

    KARTE Blocksを使えば、広告訴求に合わせてランディングページの最適化が可能です。訴求内容やユーザーの動機ごとに、別々のランディングページを作成する必要がありません。
    導入や運用をするために面倒な準備や依頼は不要なので、手間とコストが最小限で済みます。試してみたい仮説をすぐに検証できるので、成果が出るまでアイデアをテストできます。テスト結果は簡単に比較できるので、結果をもとにPDCAを回せます。

    サポートサイトや専門チームによるチャットサポートも用意しているので、導入や運用で困りごとが生じても安心です。

    まとめ

    ランディングページは広告の飛び先に設定されることが多く、コンバージョンを獲得するための重要な役割を果たしています。

    本記事で紹介したように、WordPressやテーマ、プラグインを活用すれば専門知識のない方でも簡単にランディングページを作成できます。HTMLやCSSといったプログラミングスキルを身に付ける必要や、外部業者に制作を依頼する必要はありません。

    自身で作成できればPDCAを素早く回せるので、ランディングページの効果は高まります。コンバージョンの最大化を実現する「KARTE Blocks」と組み合わせることで、改善を繰り返しランディングページの最適化をおこないましょう。

    KARTE BlocksKARTE Blocks BlogWordPressでランディングページを作る方法とは?無料のテーマやプラグインも紹介

    記事をシェア

    関連記事

    タグ1行で誰でも簡単に、どこでも自由に。ノーコードのサイト運営を始めましょう

    タグ1行で誰でも簡単に、どこでも自由に。
    ノーコードのサイト運営を始めましょう

    期間制限のないFreeプランをすぐに利用できます。

    無料版を利用する
    twitter icon

    Twitterフォローよろしくお願いします😊

    @KARTE_Blocks